「言わなくてもわかるだろう」の察してちゃんクライアントに困る

新しい仕事を受けたときに一番大変だと感じるのが、仕事自体ではなく、初めてのクライアントとのやりとり。

 

チャットで数回ラリーをすれば、相手がどんな人なのか、どういうスタンスで仕事をしているのかが何となくわかるが、どうも噛み合わないことがある。

 

自分で考えなければいけない時間が無駄!

これまでの受注件数などから鑑みて、おそらく自分は「ある程度仕事に慣れている人」だと思われているのだと思う。

 

サイトに登録したばかりでもなければ、評価がしこたま低いわけでもない。

 

でも、だからといって初めての仕事で、

 

何も言われなくても完璧にこなせるわけではない。

 

この何も言われなくてもっていうのは、納品を急かされたり何かしらのアドバイスを貰ったりということではなく…

 

まず、仕事の概要と、ある程度細かなマニュアル。最低限この2つがないと自分が何やってんだかわからなくなる上、相手の少ない指示から頭をフル回転させて答えを見つけなきゃいけないっていう時間が無駄でしかない。

 

 

ただ、「マニュアルが細かすぎてめんどくさい」っていう意見もある。

 

確かに、細かいマニュアルは隅々まで読み込むのが面倒。例えば記事作成の仕事だったら自分の思うように執筆が進められない〜と辟易することは私もある。

 

でも、その細かいマニュアルを読むだけで作業の全貌が理解できるならいいんじゃないだろうか。

 

問題は、マニュアルに大事なことを何一つ記載していないクライアント。もしくは、マニュアル自体を用意していないクライアント。

 

クライアントが違えば仕事内容も違う

「◯◯を経験したことがあります」というのは、そのジャンルの仕事の大まかな流れを大体は把握しているということ。

 

以前その仕事をしたからといって、新しいクライアントの元で何の指示も受けずに仕事ができるというわけではない。

 

 

現に、同じような作業内容で仕事をいくつかもらっているが、全く同じ作業内容であることは100%ない。

 

それをわかっておらず「できて当然」のような態度で来られても、こちらとしては知ったこっちゃないわけである。

 

私はその時点で、そのクライアントとは関わりを断ちたくなる(笑)

 

「察してちゃん」はやめて!

最悪、マニュアルがなかったとしても、作業の工程ごとに誰でもわかるような細かい指示を出してくれれば助かる。

 

その指示を把握すれば、こちらで勝手にマニュアルをつくることもできる。

 

だから、、めんどくさいのかもしれないが、大事なところで指示をはしょるのだけはやめていただきたい。

 

仕事を受ける側としては、指示をもとに確実に作業を進めていきたいから…。

暗闇でスマホ見ると目が悪くなるって話

寝ようと思って布団に入っても、無駄なことぐるぐる考えたりして眠れなくなって、ついついスマホに手が伸びてしまうこと、ありませんか?

 

テレビとかネットとかでも全くおすすめはされていない行為ですが、正直「そんなの関係ねー」って思っちゃいますよね?

 

私もそう思っていました。

 

朝弱いにも関わらず、寝れないからって3時とか4時とかまでスマホいじって、睡眠可能時間をカウントダウンしながらやめ時を決める、みたいな。

 

そして、その時の考えは過信でしかなく、翌日は当然のように起きれず(笑)

 

暗い中でのスマホ凝視、まじで目に悪い

夜、実際にスマホを見ているときはまだいい。暗闇でも画面が煌煌と光ってるから見やすいし(、現実逃避できるし)。

 

でも、そんな日々をしばらく続けていたら、昼間の目の見え方がおかしくなってきた。

 

もともと視力が良かっただけにその違いは顕著で、今までは遠くのものまでハッキリ見えてたんだけど、それがぼやけて見える…

 

原因として考えられるのは、まず間違いなく夜スマホでしょう。

 

昼間のパソコンとはわけがちがう

私は家でパソコン仕事をしているので、パソコンとにらめっこしている時間はかなり長い。

 

パソコンもスマホと同じくブルーライト云々が騒がれていますが、パソコンを触るようになったのはここ数年の話ではないので、昼間の仕事が原因で突然目が悪くなったとは考えにくいと思うんです。

 

多分だけど、やっぱり周囲に光がない状態でブルーライトを見つめるっていうのが良くないんでしょうかね。

 

あと、だいたい布団に入ってるときは横向いてスマホいじるから、どっちかの目に負担がかかってるとかもあるかもしれない。

 

 

とりあえず最近は、これ以上目が悪くなるのが怖いから、寝れないからってスマホをいじるのはやめました。

 

暗闇でのスマホが目に悪いメカニズムは今度調べてみようと思います(笑)

 

【レザークラフト】初めての作品完成!

私の初めてのレザークラフトは、専門店によく置いてあるような「キット」を使ったものでした。それを買えば他に道具は何も必要なく、説明書も材料も全部入ってるっていうやつです。

 

頼まれて作ったちょっと小さめのポーチだったんですが、それを作って以降、レザークラフトに目覚めました(笑)

 

で、一通り道具を揃えて、やっと自分で全部できる状況になって、初めて作品が完成!!

 

その作品がこちらです。

 

f:id:takeching:20171007215811j:plain

 

改めて見てみると、細かいところがヒドイです。

 

後ろから見た図がこちら。

 

f:id:takeching:20171007220014j:plain

 

なんかカワイイ・・・?(笑)

 

革、革を買わなきゃ・・・

今回の作品に使った革は、ちゃんとコレを作るために用意したわけではありませんでした。道具を一式買ったときにオマケについてきた革ハギレで作ったものなんです。

 

ハギレで何が作れるだろう・・・と考えに考えた結果、実用性も考えてレザートレイになりました。

 

ちなみに大きさは80×100なので、入れるとしたら指輪とか消しゴムくらいしか無理でしょう。

 

写真を見ればわかりますが、レザートレイにしては革が厚すぎました。四隅をキュッてするのとか、大変なわけです。

 

本を見ながら基本の流れは一応覚えたから、次はちゃんと作品にあった革を使おうと思います。いや、しばらくはハギレを入手して練習したほうがいいのかな・・・。

 

細かいところの技を極めたい

コバの仕上げとか、糸の始末とか、今回は結構適当にやってしまいました。道具が足りなかった。(言い訳)

 

やっぱり、当たり前だけど、設計図は作ったほうがいいよな〜と思いました。このトレイでいえば、四隅とめるところの位置をちゃんと決めておいたりとか。

 

糸目の数は結構バラバラだったのに、糸目で数えてとめるという力技で完成させてしまったから・・・(笑)

 

基本の基本をもっと極めるためにも、レザー小物づくりの本とかあったほうがいいかなー。

在宅仕事において大変なのは「先延ばし」の誘惑

上司や同僚の視線がない、いつどんな風に仕事に取り掛かっても自由、もちろん通勤の必要もない。それが在宅仕事のメリットだと思います。

 

横にくだらない話ができる人でもいたらなーとか思うこともたまにはあるけれど、基本的には自分の性分には合ってると思ってる。

 

ただ、人に在宅で仕事をしていることを伝えると

 

「すごーい、私は絶対ムリ〜〜」

 

て言われてきたのが今までほぼ100%。そう思う人たちはおそらく、冒頭で言った在宅仕事のメリットが逆にデメリットになるのでは、と感じているのでしょう。

 

それはズバリ、正解ですね。

 

 

「明日から本気出す」で本当に本気出せることはほぼない

私は現在、数個の仕事を掛け持ちしていますが、中にはあまり思うように手が進まず、面倒に感じてしまう仕事もあります(ごめんなさい)。

 

やる気はやらないと出ない、、というのは重々わかっているつもりですが、まず手をつけるまでのハードルが高いんですよね。だからその仕事には取り掛かることができず、とりあえず他の仕事を始めちゃうっていう。

 

時には、仕事自体のやる気が全く出ずにダラダラしてしまうときもあります。これはほんとに直したい・・・。

 

で、そんなときに思うのが

 

「明日から頑張るもん」

「明日本気出したら今日の分なんてすぐ取り返せるもん」

 

ってなこと。これ、完全に自惚れなんですよね。

 

はっきりいって「今の自分」にできないことは「未来の自分」にもできるわけがありません。

 

↑他サイトからいただいた文言ですが、的確すぎて感動してしまいました。まさに私は、「未来の自分」を過信しすぎています。そして裏切られる。

 

 

夏休みの宿題は、夏休み初日で終わらせていたタイプの私

先延ばし癖のある人と言えば、「夏休みの宿題を最終日まで残していた」ようなタイプが当てはまるでしょう。

 

もちろん夏休みに限りませんが、面倒だなと思うことを「明日やろう」「まだ大丈夫だろ」と思い続けズルズルと引っ張ってしまうのが先延ばし癖の特徴です。

 

現在そんな先延ばし癖に悩まされている私、さぞ夏休みの宿題も残しまくってたのであろうと思われがちでしょうが、全くそんなことはありませんでした。

 

むしろ、夏休みを最大限楽しむために、初日に全て終わらせていました。

 

・・・昔は、子供の頃は、先延ばし癖がなかったっていうことですよね。性格って変わるの?ていうか、先延ばし癖って性格なの?

 

 

結局、メンタルを強く保つしかない

物事を先延ばしにしないためには、「先延ばしにしちゃおうかな〜」と思った瞬間の自分をいかにコントロールできるかが大事なんだと思います。

 

先延ばしにしても未来の自分は期待するほど働いてくれないよ、やるなら今しかないんだよ、と。

 

在宅仕事をする期間が長くなれば長くなるほど、コントロールがうまくできるようになってくれればいいんだけど。

「会いたくない」と思う友達は友達じゃなくて知人です

普段ほとんど連絡を取り合わないような友達から、突然LINEがくる。

 

「◯日あいてる?」という一言を見ただけで、その一瞬でテンションが下がる。そしてよくわからないモヤモヤした気持ちが湧き上がる……。

 

あれ?私、この人に全然会いたくない……

 

なんて思ったことはありませんか。

 

ちなみに私はしょっちゅうあります。そのせいで、友達と言える友達がどんどん減っていきます(笑)

 

そもそも友達のラインってどこ?

友達って、どこからが友達なんでしょうか。

 

個人的には、

困ったときにすぐに駆けつけてくれる、もしくは駆けつけてあげたいと思う

のが友達なんじゃないかと思っています。

 

「友達の友達はみんな友達〜♪」なんて言ってる人をよく目にしますが、彼らは数回会ったことのあるレベルの人でもすぐに手を差し伸べてあげるような優しい人なのでしょうか?

 

それとも、友達と言えるハードルが極端に低いのかな?

 

「会いたくない」と思う理由は……

久しぶりに会う友達と何を話すかというと、大抵決まってます。

 

大概、お互いの近況報告なんですよね。

 

しばらく連絡を取り合っていなかったのに連絡を貰うと「あ、私のこと覚えてたんだな〜」とちょっぴり嬉しさはあるんですが、それ以上にめんどくささを感じてしまうことがあります。

 

たまにしか連絡を取り合わない間柄になった時点で、その人の近況なんて正直どうでもいいんですよね……(笑)

 

それに、自分の近況も別に話したくないし知ってほしいとも思わないんです。共感してくれる人、いるかな?^^;

 

「友達」じゃなくて「知人」でもいいよね

友達に対して「なんか違うなー」と思うことがあったら、無理に友達ってことで接さなくてもいいんじゃないかなと思います。

 

友達じゃなくて知人として、連絡とかお誘いがあったら場に合わせるって程度で。

 

おそらくこちらからそれとなく熱を下げて付き合っていけば、向こうも「あれ?」と思ってくることでしょう。

 

「友達だから」ってことだけで無理に気を使っているようでは、いろいろと余計な悩みが発生することもあるんじゃないかな。

 

目指せタモリさん!

人望が厚そうなタモリさんですが、これまで様々な番組で「友達なんかいらない」的なことを何度か発言しているみたいです。

 

私のような人間からすれば、

「いや絶対私よりいるでしょ……」と思ってしまいますが(笑)

 

それでも、「どんどん減らしていく」「最初から深く付き合わない」などの意見には賛同せざるを得ません。

 

大体、友達が多い=偉い、スゴイ、みたいな風潮があるせいで、うわべばかりの付き合いをして必要以上に疲れている人が多いと思うんですよね。

 

無理をして付き合ってるような友達は、友達とは言えません!

 

【クラウドワークス】案件に応募しても完全スルーなクライアントが少なくない件

クラウドワークスのプロジェクト案件は、思い立ったらすぐに作業ができるというものではなく、まずは案件に応募する必要があります。

 

応募の際に記載する内容は十人十色でしょう。私の場合はクライアントが記載を指示している内容(自己紹介や経歴など)+その案件に対する意気込み、みたいな感じで書いています。

 

これが正しいのかどうかはわかりませんが……、「頑張ります!」の一言なんかではないので誠意は伝わってると思いたい。。

(中には本当に一言だけ書いて応募している人もいるんだとか)

 

で、驚くべきはここから。

悲しいことに、誠意を込めて丁寧に書いて応募したのにも関わらず、うんともすんとも言わないクライアントの多いこと多いこと。

 

応募時の記載事項は守ってるし、メールのマナーもちゃんと守ってるのに……なんで?

 

せめてそのメッセージに対して文章で拒否の姿勢を見せてくれるならまだしも、「無視」という、ビジネスパーソンとして最低の行為をする人(会社)が少なくないんです。

 

たまに、ほんとにたま〜に、クラウドワークスに実装されている「ありがとうボタン」で暗に不採用を知らせてくれる控えめなクライアントさんも中にはいますが。これだけでもワーカーとしてはなんとなく安心して、すぐに諦めもつくんですよね。

 

無視されてしまうと他の案件に応募するかどうかも迷うし、実際、ほとんど忘れた頃に採用連絡やテストライティングの連絡がきたりすることもあります。おーい、こっちにだって一応都合はあるんだよ?って感じです。

 

連絡がきたら確認してすぐに返信する、というのは仕事においては当たり前ですよね。それがまだ契約に至ってない段階だとしても、です。

 

クラウドワークスで仕事を探していると、以前に応募した結果完全スルーを決め込んできたクライアントをよく見かけます。こっちからすれば、「無視したくせにまだ人集まってないんだ?」ってなんだかモヤモヤ(笑)

 

でも、そんなクライアントからも連絡がちゃんと来たっていう人がいるなら、、凹むしかないですね。ぜひとも、その方の応募メッセージを拝見してみたいところです。

 

 

そんなこんなで……連絡すらまともにできないクライアントがあまりにも多すぎるため、愚痴になってしまいました。

 

でも、同じような思いをしたことのあるワーカーさんはきっと多いのではないでしょうか?これから長期間お世話になるかもしれないクライアントとは、ホウレンソウが当たり前の良好な関係を築いていきたいですよね。

とりあえず一日だけでも髪の毛をとぅるんとぅるんにする方法

パーマやカラーを一度でもしたことのある人であれば、少なからず髪にダメージを負っているんじゃないでしょうか。

 

何を隠そう、現在デジタルパーマでくるくるしている私の髪の毛先はパッサパサです。時と場合によっては、手ぐしを通そうとするだけでギュルギュルと髪同士が絡まり合い、毛玉ならぬ「髪玉」ができてしまうほどの重症です。

 

ただ、この異常なほどの乾燥の直接的な原因はデジパではなく、以前出来心で自ら行ったカラーのせいではないかと思っています。美容院でやってもらうのではなく、ドラッグストアなんかでよく売っているアレです。

 

正しく使えればそこまで傷むことはなかったのかもしれませんが、そのカラーをした後は地獄のように髪が傷み、いくら頑張っても元の髪に戻ることはありませんでした。「切る」という解決策しか残らなくなってしまったのです……。

 

おそらく、定期的に美容院でトリートメントをしてもらうというのが最善な策なのでしょう。しかし、そんな時間もお金もあれば苦労しないんだよ、という話です。

 

そこで私は、「とりあえず一日だけでも髪の毛をとぅるんとさせる方法」を編み出すことに成功しました。

ネットで見つけた方法を自分なりに組み合わせた結果であり、あくまでも「見せかけ」の方法で、髪の毛自体を補修するという効果は正直期待できません……が!

 

大事なデートが控えていたり、できる限りの綺麗感をまといたいという人にはオススメです。

 

シャンプー前に一手間を!

髪を洗う時の手順といえば、「濡らす→シャンプーで洗う→流す→トリートメントをつける→流す」が一般的でしょうか。コンディショナーやリンスをしている人もいるかもしれませんね。

 

でも、どうやら乾燥でパサパサの髪にとっては、いきなり濡らすというのはかなりの刺激というかダメージになってしまうそうです。いくらトリートメントでの補修を心がけても、髪を洗う最初の段階で髪を傷めつけているかもしれないということ!

 

そこで髪へのダメージを減らす方法としてオススメなのが、ずばり「トリートメント先行」!!

シャンプーをしてからではなく、シャンプーの前にトリートメントをするんです。しかも、濡らしてからではなく乾いている状態の髪に。

 

いつもと勝手が違うので髪につける時に多少の違和感があるかもしれませんが、騙されたと思ってやってみてください。

 

この時に使うトリートメントは、普段使っている洗い流すタイプのものでも十分ですが、私が普段使っているのはコレ↓です。

 


買った当初は、髪を洗ってからドライヤーで乾かす前につけていました。ただテクスチャがクリームでちょっと重たくなってしまうので、先行用に異動させました。

 

乾いた髪の毛先中心にクリームをつけたら、1、2分置いてから洗い流し、その後はいつも通りの流れです。トリートメントもいつも通りにしています。

 

この一手間を加えるだけで、シャンプーをしている時の指通りもいつもとちょっと違うんですよね。

洗っている最中に髪の毛がキシキシしてしまうという人はぜひ試してみてください。

 

ホホバオイルが万能すぎる!!

髪のダメージがひどいと、頼らざるを得ないのが「洗い流さないトリートメント」です。言葉通り洗い流さないので、成分が髪に定着しやすく、補修効果も期待できる優れもの。

 

ただ、洗い流さないトリートメントと言っても数え切れないくらいたくさんの種類があります。まず、タイプからして

 

・オイルタイプ

・クリームタイプ

・ミストタイプ

・スプレータイプ

 

などなど、これ以外にもいろいろとあるみたいです。

 

で、ダメージはんぱない私が普段主に使っているのはオイルタイプ。どうやら一番ダメージ補修効果が高いのと、ドライヤーの熱から守ってくれると謳われているみたいです。

 

でも、残念ながら洗い流さないトリートメント1つでダメージの悩みが解決できることはありませんでした……。値段の高〜〜いものだったらもしかすると効果があるのかもしれませんが、なるべくならプチプラのものしか使いたくないという私は「洗い流さないトリートメントジプシー」に陥ってしまいました。

 

そこで、ネットから仕入れた「ホホバオイル」が素晴らしいという噂。たまにスキンケアに使っていたホホバオイルですが、なんと髪にも使えるとのこと。

 

半信半疑で、いつも使っている洗い流さないトリートメントにホホバオイルを数滴、混ぜてみました。

 

 

・・・・・・。

 

・・・なんか、新しい製品開発しちゃった?

 

いつものようにオイルを毛先中心に揉み込み髪を乾かすと、尋常じゃないくらいのまとまり。ホホバオイル、すごい!!!

 

私が思うに、ホホバオイルを混ぜることによって保湿効果が格段にアップしているんじゃないかと。補修効果はというと「?」って感じでしょうか。

 

でも、一時的に髪にツヤを持たせたいのであれば十分な方法だと思います。パサパサで不潔に見えてしまうことも一時的ですがなくなるでしょう。

 

ちなみに私が使っているホホバオイルは無印良品のヤツです。

 

最終手段は・・・

その場しのぎじゃなくて、ちゃんと芯からとぅるとぅるの髪にしたい!!ってんなら、定期的に美容院に通うのが一番だと思います。

 

高いトリートメントもそれなりに効果はあると思いますが、やっぱりプロにやってもらうのが安心じゃないかなと!

 

もしも今すぐにでも髪をどうにかしたいっていう時があれば、ご紹介した2つの方法が少しは役立ってくれるはずです。